本棚やTV台をDIY。”のせるだけ仕様”でフレキシブルに。




DIY好きですがわりとズボラな性格なのもので、。ある時、いちいち釘やダボで連結しなくとも棚くらい成立させる事が可能な事に気が付きました。以後、この手法を応用しています。

天板と脚を別のものとして考える

いるもの
・天板
・キューブ状のボックス(台、脚部分)


水平と垂直を意識して構築する必要があります。特に天板は木材の反りや乾燥具合などで後々変形したり、既に変形している場合が多いので部材選びは慎重に。

ホムセンでは、特にSPF材を選ぶ時、一旦床に色々な面を下に置いてみると歪みや反りが確認しやすいです。詳しくは↓↓の記事をご参考にっ。

SPF材でDIY。ホームセンターで選ぶポイント。
https://www.rh-lab.net/2014/03/diyspf.html

キューブ状のボックスは、高さを単行本サイズにするなど用途によって工夫して作ると良いです。既成品でもいいと思います。

フレキシブル!として身軽。

釘やダボで棚を固定すると安定しますが、模様替えや移動させる時に多少気合が必要ですね。固定しなければ、簡単にバラして新しい配置場所で素早く再構築が可能です。

構築。といってものせるだけ。
本の配置例。
TV台例。

模様替えを頻繁に行う方は少数だとは思いますが、筆者のように飽きっぽく変化させる事が好きな方には向いてると思います。
※引越の時はかなり楽です。

置く位置と天板の厚さに注意

のせているだけなので、TVやデスクトップ一体型PCなど重量があるものを端に置くと、バランスが悪くひっくり返ってしまう可能性があるます。

なるべく中央付近、脚の間に配置すると安定します。長い天板の場合と重い物をのせる場合は、それなりに厚い天板をチョイスする必要があります。建築や構造力学でいう断面性能や断面なんとかモーメント、、ってやつですね。

のせるだけ応用編

クッション置いてベンチに(さっき考えました)。ただし、安定する工夫がないと危ないと思います。

レコードサイズにあわせてレコード収納兼DJブースに。他にも色々応用できそうですね。「水平と垂直」がキーポイントです。狂いの少ない天板をチョイスする事と、キューブボックスを正確に作れるとかなり安定してくれますが、くれぐれも段数の積み重ねすぎと、のせすぎにはご注意を。

追記:
このページの「載せるだけの棚構築ネタ」がDIY専門誌「ドゥーパ!」110号(2月号:2016/1/8発売)に載っちゃいましたっ。

DIY専門誌「ドゥーパ!」に掲載させて頂きましたっ。
http://www.rh-lab.net/2016/01/DIY-DOPA-No-110.html