旅とアウトドアとDIYな道具やアイデアを考えるブログ

2017/01/23

台座用の木とソケットだけ。シンプルでレトロなルームライトをDIY(電球はハイテクです)。




現在使っているシンプルな裸電球を先日買ったスマートLED電球にチェンジ。これを期に台座を作り直しました。

▼関連記事
裸電球のシンプルな間接照明をDIY。 裸電球の色がスキです。モビール風に吊ってみたり、ダンボールでシェードを作ってみたり、、、過去に色々イジってきましたが、できるだけ小さくシンプルにしようと思い、作製しました。

前作の台座の雰囲気を残しつつ、木のキューブの上にランプがニョキっとのっかっているようなイメージで再度リメイク。

という妄想しつつハンズにGO。
木材コーナーで木のキューブを眺めつつ、シナ合板でキューブ作ろうか、、、とぼんやり思いつつ、別の階でキューブ状の桐の小物入れを発見!工作イメージがビビッときて急遽コイツを購入。





使ったもの
・LED電球
・スイッチ付き台座ソケット
・桐の小物入れ

コードの穴とソケットの大きめの穴をホールソーでくり抜き、


中身にソケットを設置、、の前に、高さを調節するため下に木材を、。
近所のダイソーに走りました。ダイソーの角材。

すべてダイソーの瞬間接着剤で固定しています。
角材の台は平行で安定してますし、ソケットと穴の中心はピタリ合わせています。
中身はこのようにテキトーwですが、重要なポイントはキッチリ作ってますv^o^


フタを被せて出来上がりっ。

仕上げにキューブの角をヤスリで多少削ってソフトに。
点灯した時の雰囲気↓↓

ちょっと上から。

横置きも可能。

裸電球の感じが好きなので予定はないですが、シェードで囲うと雰囲気が変わりますね!




木のキューブに裸電球を載せただけのシンプルでどことなくレトロな印象ですが、この電球はスマートLED電球(前回記事参照)なので、色や光量の調節、スイッチON-OFF、複数個同時操作もスマホで可能♪

もう一つ作って、キューブ電球2個を連動させようか♪
ホールソーで穴を開けるところ以外は、わりと簡単に出来ると思いますので、お試しあれっ。

▼関連記事
スマホで操作するスマートLED電球Magic Blueを買ってみた。 みんなが知っている有名メーカーから少数精鋭の粋なベンチャーなどなど、各社から色々なLED電球が出ていますね。先日、お手頃価格のスマートLED電球、Magic Blueを購入しましたっ。

▼関連記事
SPF材でDIY。ホームセンターで選ぶポイント。 安くて加工しやすいDIYの心強い味方SPF材。ホームセンターの木材コーナーには必ず置いてありますね。安さ故に欠点もあります。筆者も長年使用してきましたので、これまでの失敗を踏まえて選ぶポイントを書いてみました。

▼関連記事
DMR Record Container 折りたためるレコードボックス。 これ無茶苦茶いいんです。発売当初に速攻でゲットしたのを覚えています。レコード収納に使っているんですが、レコード以外の収納用に買い足そうかなと悩み中。。


0 件のコメント:

コメントを投稿