旅とアウトドアとDIYな道具やアイデアを考えるブログ

2017/01/19

スマホで操作するスマートLED電球VictorstarのMagic Blueを買ってみた。


みんなが知っている有名メーカーから少数精鋭の粋なベンチャーなどなど、各社から色々なLED電球が出ていますね。先日、お手頃価格のスマートLED電球、Magic Blueを購入しましたっ。

スマホでON-OFF、光源の色や明るさが調整でき、なるべく小さい普通の電球くらいの大きさで、オーディオ機能等が無いシンプルなものを探しておりました。

スマートLEDの下の部分って、ゴツゴツだったり、金属のスジが入っていたり、無駄にデカかったりと、???なデザインが多いですが、このMagic Blueは見ての通りシンプル。そして¥1480+送料でお手頃価格。



アプリ(IOS/Android対応)を落として、Bluetoothでペアリング。
パッケージを見る限り英語かな、と思っていましたが普通に日本語でした。


特に使いづらさもなく、ON-OFF、光源色、調光自由自在。タイマー、光源の色が音に変動するモードも有り。複数電球の同時操作&連動可能。

光源や調光変化する様子は、ホムパしてるシャレオツなCMやPVに仕上がってますが、いざ自分の部屋で色変えてみると、

グリーン。


わりと研究所っぽくて好きかも、、
でも、使い時が、、

赤。


全然エロくないw昭和色街的なレトロさ、むしろ哀愁。

ブルー。

こだわりマイルーム見て迷走してる中2っぽいw

こんな感じで、すげーバカっぽくて、個人的には結構ツボでした、笑。
笑われるか、引かれるか、リアクションが別れる気がします。
お店のイルミネーションとかにはよさそうですね。

ま、暖色と白色系くらいしか使わないと思います^o^


寝る時に手元のスマホでパチっと消灯、部屋に入ってパッと明かりを灯せるのが良いですね♪


ChinaPostのトラッキングは日本郵便の追跡ページで確認できる


普通にAmazonJPで購入しました。
が、全く聞いたことが無いメーカーかつ、商品説明の日本語が少し変なのでちょっと心配。ざっと調べるとわりと最近できた中国のメーカーのようでした。送料入れても¥2000ちょっとでしたし、レビューを信じてポチってみましたっ!

中国(深セン市=香港の隣)から発送。特に問題なく約1週間で届きました(韓国より早かった、、!)。

英数字が混じっているChinaPostのトラッキング番号ですが、なぜか本家中国のサイトやaftershipの追跡サイトでは反映されませんでした(たまたま?)。

しかし、日本の郵便局の国際郵便の検索画面でトラッキングできました(中国側に荷物がある時でも把握可)。
https://trackings.post.japanpost.jp/services/srv/sequenceNoSearch/input

12/27:夜ポチ
12/29:ChinaPost引受
12/29夜:国際交換局から発送(中国)
1/2夜:国際交換局着(大阪)
1/3:通関手続き後、国内郵便配送

大体こんな感じでスムーズに各ポイントを通過していました。

Magic Blue LED電球
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B0142IKRDU/ref・・・

追記:
商品ページが変わって送料込みの¥2200に変更になっていました。そしてレビューもなくなってました。

▼関連記事
裸電球のシンプルな間接照明をDIY。 裸電球の色がスキです。モビール風に吊ってみたり、ダンボールでシェードを作ってみたり、、、過去に色々イジってきましたが、できるだけ小さくシンプルにしようと思い、作製しました。

▼関連記事
SPF材でDIY。ホームセンターで選ぶポイント。 安くて加工しやすいDIYの心強い味方SPF材。ホームセンターの木材コーナーには必ず置いてありますね。安さ故に欠点もあります。筆者も長年使用してきましたので、これまでの失敗を踏まえて選ぶポイントを書いてみました。

▼関連記事
DMR Record Container 折りたためるレコードボックス。 これ無茶苦茶いいんです。発売当初に速攻でゲットしたのを覚えています。レコード収納に使っているんですが、レコード以外の収納用に買い足そうかなと悩み中。。


0 件のコメント:

コメントを投稿