旅とアウトドアとDIYな道具やアイデアを考えるブログ

2016/04/26

噂のダイソーのスクエア収納ボックスにキャスターを取り付けてみた。


インテリア系のキュレーションメディアで話題でしたね。落ち着いたカラーリングが話題のダイソーの収納ボックスをほんの少しDIYしてみました。


先月、近くのダイソーでは売り切れていましたが、先週、ふらっと行ってみると発見っ!色はイエローをゲットっ♪


正式名称は「スクエア収納ケース」。大小の2サイズあります。小2個=大1個になるようモジュール設計されていますので、重ねた時の収まりが良いです。フタは別売りです。写真は全て4L(大)です。



フタと本体は別売りで、各100円+税。



大きい方の4Lの↑↑フタ(左)本体(右)↑↑スペックです。



本体底の補強部分の形状が2種類あるのを発見しました。まあ、あまり気にすることは無いと思います。

モジュール設計された製品はしっくりくるものが少ないですし、落ち着いたカラーリングは100均の売り場では珍しく、若干、異彩を放っていますね。


一番下のボックスにキャスターを取り付ける



いつものように(?)キャスターを付けた板の上に載せるつもりでしたが、暇だったので少し手を加えました。一番下のボックスに直接キャスターをつけてスッキリな印象に。

使った材料
・ダイソーのスクエアボックス4L
・ダイソーの板材
・キャスター
・ネジ



材料はもちろん100均で揃えるつもりでしたが、キャスターが売り切れだったので、キャスターとネジはホームセンターで買ってきました。写真のダイソーの板材450×200×9mmは、幅がスクエアボックス4Lの底にぴったりでした!

その板材の長さを底に合うようにカット後、



ボックスの底にキャスター用の穴を電動ドリルで開けた後、



ボックス底に板材を敷いた状態で、キャスターをネジで固定したら完成。



特に難しい工程はないですので比較的お手軽に作れると思います♪

電動ドリルが無い方は、ボックスの底にキリで穴を開けて、ネジをドライバーでしめても可能だと思います。100均のこの板は柔らかいので加工しやすいです。もちろん工具は100均に売っているもので十分間に合います。

この収納ボックスはぶっちぎりで100均内グッドデザイン賞な気がします。キャスターを取り付けて更に使いやすく変化させてみましょうっ!



※もうワンセット作ってクローゼット下でごちゃごちゃになっているギアたちを整理しようかなあ。。
※ダイソーさん、型チェンジとカラーチェンジをせず同じものが買い足せるように、定番商品として末永くおねがいしますっm(_ _)m


▼関連記事
ハンドドリップしやすい電気ケトル&電気ケトルあるある。dretec"ステンレス電気ケトル" コーヒーを飲むためにハンドドリップしやすいケトルが欲しくなってきたので、電気ケトルを買い替えました。

▼関連記事
シンプルでコンパクト!KOVEAのCUBEカセットコンロ。 基本自宅用、あわよくば外でも使える小さめのカセットコンロを探していた所、KOVEAのCUBEカセットコンロを見つけましたっ。

▼関連記事
シナベニヤをカスタマイズ。シナベニヤウレタンサンド合板をDIY。 このペーパーウッド合板を発見して思いの外感動したので、それっぽいものを自作してみました。和紙の代わりにウレタンをサンドして、断面をカラフルに。

▼関連記事
Amazonの段ボール箱でストレージボックスをつくる。 極力Amazonの梱包で届く素材とシンプルな作業でささっと作るよう心がけてAmazon段ボール製ストレージボックスDIYにチャレンジしてみました。

0 件のコメント:

コメントを投稿