旅とアウトドアとDIYな道具やアイデアを考えるブログ

2014/12/03

ULバックパックの背面パッドをAmazonダンボールで自作。


ある程度の荷物があり、中型以上のバックパックの場合は、スリーピングマット等を筒状にしてパッキングする方法がありますが、容量が小さく荷物も少ない場合、どうしても背負心地が気になってしまいます。


Amazonの段ボールで背面パッドを作ってみた


ダンボール背面パッドは今回で2代目。とりあえず家にあるもので使い捨てを前提として作りましたが、今回のAmazon製は気に入っているので捨てずにとっておきます。笑。

ダンボールを背面に合うようにカットした後、


クッションを高めるため、着替えやタオルなどでくるむ。


ズレ防止のためダブルクリップなどで固定。

バックパックの中へ。使用したバックパックはARC'TERYXのCIERZO18L。





背負い心地は、見た感じの通り想像の範疇だと思います。ダンボールですし、里山日帰りハイク用ですし、重さもそこまで神経質に考えなくても良いかなと。

※地味に初めてAmazonダンボりました。


ARC'TERYX CIERZO 18L
http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss?__mk_ja_JP=%E3%82%・・・



▼関連記事
Amazonの段ボール箱でストレージボックスをつくる。 Amazon段ボール箱を使ったDIY、リメイク、再利用。画像検索をすると創意工夫されたAmazonダンボーラーのみなさんの作品がたくさん。

▼関連記事
GRANITE GEARエアジップサック12L。1泊2日の実家往復パッキング。 定番のGRANITE GEARのスタッフバック。実家往復分(広島↔松江)の荷物を12Lにパッキングしてみました。

▼関連記事
コンパス×ダブルクリップ×NITE IZE Sビナ。 カラビナ一体型、極小ドローコードタイプ、球形のキーホルダー、、、などなど、それなりにコンパスを使ってきましたが、、、

▼関連記事
SPF材でDIY。ホームセンターで選ぶポイント。 安くて加工しやすいDIYの心強い味方SPF材。ホームセンターの木材コーナーには必ず置いてありますね。安さ故に欠点もあります。筆者も長年使用してきましたので、これまでの失敗を踏まえて選ぶポイントを書いてみました。




0 件のコメント:

コメントを投稿