旅とアウトドアとDIYな道具やアイデアを考えるブログ

2014/12/15

コンパクトなアンプ"TEAC A-H01"


約2年前、引越のタイミングでアンプを買い替えました。



アナログ入力2つ以上、USB入力可能でなるべく小型なものを探していたら、丁度よさそうなものが高城パッキングに載っていました。

 高城剛「LIFE PACKING」
http://rabbit-house-lab.blogspot.jp/2013/09/life-packing.html

TEAC A-H01
http://teac.jp/product/a-h01/

このアンプに、ミキサー、TVチューナーの音声、Bluetoothレシーバーを常時繋げて、基本的に、全ての音をこのプリメインアンプを通してBOSEのスピーカーから出しています。 ビミョーにプリメインアンプの使い方が間違ってるのは知っています。笑。

USB入力はまだやっていません。
というのもiPhone等のデバイスはBluetooth接続で事足りるので、PCを直接繋ぐまでも無いんですよね。

サイズ感


215(幅) 、 61(高さ)、 258(奥行き)mm。
http://teac.jp/product/a-h01/ 参照。



大きさはiPhone5と比べるとこんな感じです。
本体上部はプラスチック、側はしっかりした金属質で、控えめですがそれなりに高級感はあります。



高さは丁度同じくらい。


リモコンも。可もなく不可もなく。



背面の端子。バナナプラグ対応。


筆者は、わりと音楽好きな方ですが、兎小屋(aka、賃貸ワンルームマンション)では、騒音や広さの問題もありますし、全力で音響設計に情熱を傾けるのは少し酷なシチュエーションです。

 兎小屋(aka、賃貸ワンルームマンション)事情的には、あんまり大きな音を出せないですし、なるべくコンパクトでシンプルなデバイスを。そんな感じでこんな使い方に落ち着きました。

TEAC Reference 01 USB DAC/ステレオプリメインアンプ シルバー A-H01
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B005YV919Q/ref=as_li_tf_tl?ie=・・・

追記:
新しいのが出てましたね。Bluetooth内蔵でこっちの方が良いですね。大きさも変わらず。
TEAC AI-301DA http://teac.jp/product/ai-301da/

TEAC Reference 301 プリメインアンプ Bluetooth/USB/DAC搭載 シルバー AI-301DA-S
http://www.amazon.co.jp/Reference-%E3%83%97%E3%83%AA・・・

▼関連記事
高城剛の「そうび」LIFE PACKING。 世界を飛び回る高城剛の「そうび」は、かねてから気になっていましたのでこの本は待ち望んだ一冊でした。約1年前に発売されたので、多分「そうび」の一部は、今現在、変わっていると思いますが、、

▼関連記事
積んで重ねて組み合せる収納ボックス、stacksto"brick"。 増えたら買い足して重ねる。色がステキ。カラフルで気の利いた収納をリリースしている風森。ペン類、テープ、ガジェット関連の小物など、デスク周りで使う小物の収納に使っています。



0 件のコメント:

コメントを投稿