旅とアウトドアとDIYな道具やアイデアを考えるブログ

2013/09/14

高城剛の旅の「そうび」LIFE PACKING。


高城さんを知ったのは、某雑誌の企画の1コマで「クリエイターのお気に入りインテリア、アイテム」紹介みたいなコーナーでした。

カルチャーの重鎮のみなさんが、ミッドなセンチュリーな家具や、1点もののアンティークをプッシュしている中、高城さんの記事は、自動車のシートとハンドル等を組み合わせてレーシングゲームマシンを自作している最中、、というぶっ飛んでいたものでした。

コンピューターマニアっぽさが残っていてた頃でしょうか。この時点、筆者が高校生の時、ビビッドなインパクトを刷り込まれたのです。

それから少し存在を忘れ、次に発見したのは、2006年頃、youtubeが市民権を獲得し始めてきた時期、SDPのPVなどで彼自身や関わった作品を見た時。
そして程なくして、ハニカムが出来てハニカムブログに登場したのを発見し、今に至りまます。

地球を飛び回る高城剛のそうび

高城さんの書籍はだいたい読んでいるのだけれど、高速で動き回るたかしろ「そうび」は、かねてから気になっていましたのでこの本は待ち望んだ一冊でした。

約1年前に発売されていますし、アイテムの入れ替わりは激しいと思いますので現在のたかしろ「そうび」の一部は、変わっていると思いますが、それでも読み応えは十分です。

バックパッカー経験がある方や、ULハイカーの方たちは、かぶっている「そうび」もあると思います。筆者も何点かありましたし、これを見てゲットしたものもあります。

ミニマルな生活を心がけている人、ノマドなワーカー、バックパッカーは一度目を通す価値があると思います。
※表紙がポスター的な、おもしろい作りになってます。



LIFE PACKING(ライフパッキング)【未来を生きるためのモノと知恵】 高城剛
http://www.amazon.co.jp/gp/product/486391671X/ref=・・・

追記:Kindle版もでましたね。


▼関連アイテムをストアでチェック
PICKUP & RECOMMEND by 兎小屋研究室。
http://astore.amazon.co.jp/rh-lab-22?_encoding=UTF8&node=5



▼関連記事
海外旅行の貴重品袋。泥棒をあざむく工夫。 初めて外国に行く時、貴重品の保管をどうしようかと悩んだ人は多いでしょう。筆者も初めて日本を出た時は、バックパッカー本を読み、Google先生の力を借りながらあれこれ思案しました。

▼関連記事
離島経済新聞。 日本でよく見る世界地図は日本が中心に太平洋が真ん中に描かれているものが多いですが、スタンダードな世界地図では一番右端っこに描かれています。それは文字通り極東であり思いの外小さく見えます。

▼関連記事
コンパス×ダブルクリップ×NITE IZE Sビナ。 カラビナ一体型、極小ドローコードタイプ、球形のキーホルダー、、、などなど、それなりにコンパスを使ってきましたが、、、



0 件のコメント:

コメントを投稿